お洒落染めと白髪染めって何が違う?

通常のカラーリングはファッションのために染めるお洒落染めとも言われます。

ブラウンやレッド、そのシーズンごとの流行りの色にカラーリングを楽しんでいても、白髪が増えてしまうと、白髪部分の染まりが悪くなってきます。

その理由は、白髪には色素がないため、カラーリングで染める染料の効果がでにくくなるからです。

そもそも二つの違いは、一度ブリーチしてから染めるのがお洒落染めで、白髪染めはキューティクルを開いたうえで内部に色素を入れていくので、使われる薬剤が違います。

どちらも永久染毛剤なのですが、白髪を染めるなら専用の白髪染めが効果が高いでしょう。

最近の白髪染めならカラーリングのバリエーションも豊富でお洒落染めのような色も選べます。

一度染めれば染めたところの色は落ちないので、数カ月間色持ちする永久染毛剤は便利です。

しかし、永久専門剤には髪を傷めてしまうという大きなデメリットがあります。

髪に優しい白髪染めを選ぶなら、最近は白髪染めトリートメントも人気があります。

キューティクルを傷つけずに、イオンの力で色を付けるので白髪でもしっかり染まりますし、自然由来のミネラルなど配合して髪にも優しいうるおいを与えてくれるものもあります。

ブリーチなどに特有のツンとする匂いもないので、リラックスしながら使えるのも魅力的です。

リビングで本を読みながらでもOKなのがうれしいですね。

シャンプーとセットの物を使うと色持ちが良くなるとも言われます。

一度試してみるのもおススメです。