日本の黒髪と白髪染めについて

Posted by admin01 on 2015年5月2日 under 白髪染めという文化 | Comments are off for this article

生まれてから歳を取るまで、通常であれば黒髪なのが日本人の特徴です。

しかし加齢とともに白髪が増えることで顔の印象がガラッと変わってしまうのが悩みどころ。

元が濃い色なので、老けた感じが強くなってしまうんですね。

そこで、多くの人が使っているのが白髪染めです。

昔は武将も墨で白髪を染めていたという言い伝えがあるように、日本人にとって白髪は老化の大きなサインと考えられています。

一方、海外ではグレーの髪色や、シルバーでもかっこいい俳優さんも多く、金髪も色が薄いので白髪になってもそこまで顔の印象が変わることがないでしょう。

最近は日本人でも黒髪だけでなく若いうちからお洒落染めを楽しむ習慣も根付いてきていますが、茶色い髪に白髪が混じってくると、そこだけ染まらないのでやはり目立ってしまいます。

そうした白髪にはやっぱり専用の白髪染めの出番。

黒染めから最近はブラウンなどお洒落染めのような色展開もあります。

染めていた人も、これまでのお洒落染めの色に近いものを選べば自然に白髪染めができます。

ドラッグストアで買える市販品はコストパフォーマンスが良いのも人気の理由です。

サロン仕上げは高いので、日常的に必要な白髪染めはこうした製品を使う人が多いんですね。

年を取れば自然に増えてくる白髪をあまりイメージを変えずに歳を重ねていくには、白髪染めは良いアイテムです。

黒髪に白髪が混じって気になるころには一度白髪染めをしてみてもいいですね。

Comments are closed.